INTRO

最大の理解者だけど、いろいろ知っているだけにうっとうしくて、
似ていないようでどこかそっくり。

お互いにあんな風にはなりたくないと思いながらも、時には羨ましく思ったり。

あまり関わりたくない事もあるけれど、
血の繋がりもあってそう単純にはいかない存在。

羨望、嫉妬、愛憎…そんな兄弟姉妹ならではの複雑な関係、
渦巻く感情を描いた新感覚ヒューマン・ムービーが誕生!

監督は自らのオリジナル脚本を映画化した『純喫茶磯辺』『さんかく』『ばしゃ馬さんとビッグマウス』などで注目を集め、前作『ヒメアノ~ル』では古谷実の同名コミックをビターテイスト全開で描ききり、新境地を開いた鬼才・𠮷田恵輔。その彼が『麦子さんと』以来4年ぶりとなるオリジナル脚本を映画化し、本作では兄弟姉妹ならではの奇妙な感情と不可思議な関係性を独自の笑いとシリアスな視点を交錯させながら、おかしくも壮絶な愛憎劇へと昇華させた。

この𠮷田監督の新たな野心作に、今回は豪華でユニークなキャストが集結! クソ真面目で優しいけれど、実は姑息な弟・和成を『ラストコップTHE MOVIE』『東京喰種トーキョーグール』などの話題作への出演が続く窪田正孝が等身大で熱演。一方、凶暴でトラブルメーカーの兄・卓司には『銀魂』『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』『斉木楠雄のΨ難』などで多彩な役柄を演じ切る実力派の新井浩文が扮して、窪田との激しい兄弟ケンカを繰り広げる。

さらに、仕事はできるがブスな姉・由利亜にお笑いコンビ「ニッチェ」の江上敬子が体当たりの演技で魅了し、ルックスや愛嬌はよいけれど頭の悪いおバカな妹・真子を人気タレントの筧美和子が演じて、姉妹間で火花を散らす。ほかにも、次世代若手俳優としてブレイク目前の健太郎や、女優として今後の活躍に期待が集まる竹内愛紗が劇中演出の1つにカメオ的出演をしていてそこも見逃せない。

果たして、この二組の“犬猿”バトルの行方は如何に!?

兄弟姉妹がいる人もいない人も、
その驚愕の展開から目が離せなくなるはずだ。

STORY

金山和成(窪田正孝)は地方都市の印刷会社で働く営業マン。イケメンだが、真面目で堅実な彼は、父親が友人の連帯保証人になって作ってしまった借金をコツコツと返済しながら、老後のために毎月わずかな貯金をする地味な生活を送っていた。そんなある日、彼のアパートに、強盗の罪で服役していた兄の卓司(新井浩文)が刑期を終えて転がり込んでくる。卓司は和成とは対照的に、金遣いが荒く、凶暴な性格でトラブルメーカー。娑婆に出てきて早々にキャバクラで暴れたり、弟の留守中に部屋にデリヘルを呼んだりとやりたい放題。和成はそんな卓司に頭を抱えるが、気性の激しい兄には文句のひとつも言えない。しかし、和成はそんな卓司のことを密かに天敵だと思っていた。

一方で、そんな和成に仄かに恋心を抱いている女性がいた。和成が頻繁に仕事を依頼する、小さな印刷所を営む幾野由利亜(江上敬子)である。親から引き継いだ会社を切り盛りする彼女は勤勉で頭の回転も速く、寝たきりの父親の介護もしながら仕事をテキパキとこなす“できる”女だが、太っていて見た目がよくない。その彼女にも実は天敵がいた。妹の真子(筧美和子)だ。由利亜の下で印刷所の手伝いをしている彼女は、姉と違って仕事の要領が悪く、頭も決してよくないが、顔やスタイルの良さから、時々グラビア撮影やイメージビデオに出演するなど芸能活動もしていて、取引先の男性にも人気がある。由利亜は仕事もできないくせにチャラチャラして、チヤホヤされているそんな妹にいらつき、真子もまた節制できずにぶくぶくと太っている姉のことを小バカにしていた。

しかしある時、金山兄弟、幾野姉妹に変化が訪れる。卓司が始めた胡散臭い輸入業の仕事が成功したことで和成の心に複雑な気持ちが芽生え出す。また、由利亜の仄かな恋心をよそに、和成と真子がつき合い出したことから、嫉妬に燃えた由利亜がストーカー化。一方の真子は、エロまがいのグラビアを一向に卒業できない焦りから枕営業へと走り、ラブホテルで卓司と鉢合わせしてしまったために事態は急変するのだが……。

STORY

CAST

窪田正孝MASATAKA KUBOTA

1988年8月6日生まれ。神奈川県出身。06年にフジテレビの深夜ドラマ「チェケラッチョ!! in TOKYO」でドラマ初出演にして初主演を果たし、同年スクリーン・デビュー。09年のNHK「浪花の華~緒方洪庵事件簿~」で主演を務め、12年には「平清盛」の平重盛役でNHK大河ドラマにも初出演。以後、TVドラマ、映画などに幅広く出演し、14年のNHK上半期の朝の連続テレビ小説「花子とアン」の木場朝市役、同年のTBS「Nのために」の成瀬慎司役で注目を集める。主な映画出演作は『僕たちは世界を変えることができない。』(11/監督:深作健太)、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13/監督:小泉徳宏)、『予告犯』(15/監督:中村義洋)、『ヒーローマニア-生活-』(16/監督:豊島圭介)、『64-ロクヨン-前編/後編』(16/監督:瀬々敬久)、『MARS~ただ、君を愛してる~』(16/監督:耶雲哉治)、『ラストコップ THE MOVIE』(17:監督:猪股隆一)、『東京喰種トーキョーグール』(17/監督:萩原健太郎)など。ドラマの主演作は「デスノート」(15)、「ヒトヤノトゲ~獄の棘~」(17)、「4号警備」(17)、「僕たちがやりました」(17)など。

新井浩文HIROFUMI ARAI

1979年1月18日生まれ。青森県出身。02年の『青い春』(監督:豊田利晃)で第17回高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞。近年の出演作は『アウトレイジ ビヨンド』(12/監督:北野武)、『その夜の侍』(12/監督:赤堀雅秋)、『永遠の0』(13/監督:山崎貴)、『百円の恋』(14/監督:武正晴)、『寄生獣 完結編』(15/監督:山崎貴)、『バクマン。』(15/監督:大根仁)、『女が眠る時』(16/監督:ウェイン・ワン)、『葛城事件』(16/監督:赤堀雅秋)、『銀魂』(17/監督:福田雄一)、『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(17/監督:大根仁)、『斉木楠雄のΨ難』(17/監督:福田雄一)など。

江上敬子KEIKO ENOUE

1984年9月17日生まれ。島根県出身。日本映画学校(現・日本映画大学)時代に出会った近藤くみことお笑いコンビ「ニッチェ」を結成し、05年ごろから活動を開始。情報番組「ゴゴスマ」(CBC)や、バラエティ番組「王様のブランチ」(TBSテレビ)、「ヒルナンデス!」(日本テレビ)などに多数出演。11年、NHK新人演芸大賞を受賞し、第2回お笑いハーベスト大賞で優勝。12年から単独ライブを開催。江上単独でドラマ「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方」(12/TBS)、「テレビ未来遺産“終戦69年”ドラマ特別企画 遠い約束~星になったこどもたち」(14/TBS)にも出演した。「ニッチェ 江上敬子のダンナやせごはん 胃ぶくろをつかむ、嫁ラクレシピ!」(KADOKAWA)も発売中。

筧美和子MIWAKO KAKEI

1994年3月6日生まれ。東京都出身。13年、フジテレビの「テラスハウス」で注目される。以後、女性誌「JJ」の専属モデルを始め、「水球ヤンキース」(14/CX)、「OLですが、キャバ嬢はじめました」(16/TBS)などの話題のドラマに出演。以後、ドラマや映画などで幅広く活躍している。主な出演映画は『鍵泥棒のメソッド』(12/監督:内田けんじ)、『劇場版仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』(15/監督:柴﨑貴行)、『サマーソング』(16/監督:中前勇児)、『闇金ウシジマくんPart3』(16/監督:山口雅俊)など。出演ドラマには「東京タラレバ娘」(17/日本テレビ)、「増山超能力師事務所」(17/日本テレビ)、「マッサージ探偵ジョー」(17/テレビ東京)などがある。

健太郎KENTARO

1997年6月30日生まれ。東京都出身。14年に役者デビュー。主な出演映画は『ミュージアム』(16/監督:大友啓史)、『先生!、、、好きになってもいいですか』(17/監督:三木孝浩)。17年の『デメキン』(監督:山口義高)で長編映画初主演。

竹内愛紗AISA TAKEUCHI

2001年10月31日生まれ。福島県出身。2017年「Y!mobile」のCMでデビュー。10月期連続ドラマ「明日の約束」(関西テレビ・フジテレビ系 火曜21時~)に出演中。映画「リベンジgirl」(三木康一郎監督)が12月23日公開予定。

STAFF

監督・脚本𠮷田恵輔

1975年5月5日生まれ。埼玉県出身。東京ビジュアルアーツ在学中から自主映画を制作する傍ら、塚本晋也監督の作品の照明を担当。映画のほかにもプロモーション・ビデオ、CMの照明も経験。06年には自らの監督で『なま夏』を自主制作し、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門のグランプリを受賞。その後も塚本作品などで照明技師として活動し続け、08年に小説『純喫茶磯辺』を発表。同年、自らの監督で映画化して話題を集める。それ以降は、オリジナルシナリオを映画化した『さんかく』(10)、『ばしゃ馬さんとビッグマウス』(13)、『麦子さんと』(13)や、人気コミックをSexy Zoneの中島健人の主演で映画化した『銀の匙 Silver Spoon』(14)をコンスタントに発表。16年には「行け! 稲中卓球部」「ヒミズ」などで知られる人気漫画家・古谷実のカルト的人気コミック『ヒメアノ~ル』を、V6の森田剛の主演、濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシらの共演で完全映画化。それまでのコミカルなタッチに手加減なしのバイオレンス描写を絡めた圧倒的なスタイルで新境地を開き、国内外の映画ファンを絶叫させたのも記憶に新しい。

プロデューサー佐藤 現

1971年生まれ。大阪府出身。東映ビデオ株式会社 企画製作部/プロデューサー。
1994年に東映ビデオに入社し、映画やテレビ番組などの製作に携わる。これまでの主なプロデュース作品に、映画『僕たちは世界を変えることができない。』(11/監督:深作健太)、『ふがいない僕は空をみた』(12/監督:タナダユキ)、『ばしゃ馬さんとビッグマウス』(13/監督:𠮷田恵輔)、『14の夜』(16/監督:足立紳)などがあり、『百円の恋』(14/監督:武正晴)においては、第34回藤本賞奨励賞を受賞する。また、今後の公開待機作品には12月2日公開『デメキン』(監督:山口義高)や12月9日公開『ビジランテ』(監督:入江悠)などが控えている。

撮影志田貴之

1972年生まれ。東京都出身。大学在学中から塚本晋也監督のもとで撮影助手をつとめ、同監督の『HAZEヘイズ』(06)、『悪夢探偵』(07)、『悪夢探偵2』(08)、『鉄男THE BULLET MAN』(10)などで撮影を担当。𠮷田恵輔監督の作品も『さんかく』(10)から『ばしゃ馬さんとビッグマウス』(13)、『麦子さんと』(13)、『銀の匙 Silver Spoon』(14)、『ヒメアノ~ル』(16)まで、そのほとんどの撮影を手がけている。そのほかの参加作品は『家族X』(11/監督:吉田光希)、『しば田とながお』(13/監督:ヤン・イクチュン)、『三つの光』(17/監督:吉田光希)など。

照明疋田 淳

1974年生まれ。兵庫県出身。東映京都の撮影所で照明の仕事を学び、上京後、『ACACIA』(10/監督:辻仁成)、『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』(10/監督:李闘士男)、『悪人』(10/監督:李相日)、『犬飼さん家の犬』(11/監督:亀井亨)、『のぼうの城』(12/監督:犬童一心 · 樋口真嗣)、『人類資金』(13/監督:阪本順治)、『闇金ウシジマくん』シリーズなどで照明チーフを務める。他にもTVやPV、CMなどのフィールドでも活躍。近年では、『わさび』(17/監督:外山文治)や、12月公開予定『勝手にふるえてろ』(17/監督:大九明子)に携わる。

録音田中博信

1970年生まれ。熊本県出身。03年の『カタルシス』(監督:坂口香津美)から録音技師として活動。主な参加映画には『風俗行ったら人生変わったwww』(13/監督:飯塚健)、『大人ドロップ』(14/監督:飯塚健)、『リトル・フォレスト 夏・秋/冬・春』(14・15/監督:森淳一)、『進撃の巨人 前篇/後篇』(15/監督:樋口真嗣)、『森山中教習所』(16/監督:豊島圭介)、『ハルチカ』(17/監督:市井昌秀)、『笑う招き猫』(17/監督:飯塚健)、『ユリゴコロ』(17/監督:熊澤尚人)、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』(17/監督:曽利文彦)、『ビジランテ』(17/監督:入江悠)などがある。

美術寺尾 淳

1972年生まれ。東京都出身。ドラマや映画などの多彩なフィールドで装飾や美術を手がける。装飾として参加した主な映画は『ハンサム★スーツ』(08/監督:英勉)、『南極料理人』(09/監督:沖田修一)、『金メダル男』(16/監督:内村光良)、『ReLIFE リライフ』(17/監督:古澤健)など。美術を担当した主な映画は『つむじ風食堂の夜』(09/監督:篠原哲雄)、『流れ星が消えないうちに』(15/監督:柴山健次)、『東京ウィンドオーケストラ』(17/監督:坂下雄一郎)、『変態だ』(16/監督:安齋 肇)、『一礼して、キス』(17/監督:古澤健)など。

MUSIC

主題歌ACIDMAN

本作主題歌は結成20周年、過去5度に渡る日本武道館公演を成功させ、日本ロック界を牽引するバンド“ACIDMAN” による 「空白の鳥」(12月13日発売ニューアルバム『Λ(ラムダ)』収録曲)に決定!11月23日(木・祝)さいたまスーパーアリーナにて開催のACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”」もチケットが即日完売し、大きな話題となっている。
中毒性のあるアップテンポで疾走感のある曲調と、大木伸夫が描く詞世界。
口論やケンカが絶えず、それでも大切な兄弟・姉妹...そんな愛憎劇を、「空白の鳥」が盛り立て、映画のエンドロールまで本作を楽しませてくれる。

COMMENT

𠮷田監督が以前から僕達のファンでいてくれた話を伺い、とても嬉しかったです。
友人の新井浩文が出ている事もあり、喜んで参加させて頂きました。
書き下ろしは初めてだったのですが、映画の力をお借りしながら曲を作れるなんてとても贅沢で貴重な体験でした。僕達にとっても思い出深い作品になった「犬猿」。
1人でも多くの人に劇場で観ていただけたら幸いです。

—大木伸夫(ACIDMAN)—